スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスで知る月の本当の美しさ

今日は満月ということで、キルギスのお月様の話。


キルギスの月は本当に美しい。

日本とは比べものにならないほど夜の闇が深いキルギスでは、

闇を照らす月は本当に高貴なものに見える。


キルギスの月


日本では月明かりなんていう言葉はあまり直感的にピンと来ないが、

キルギスでは、月がある夜とない夜で雰囲気はがらっと変わる。



ご存知のようにイスラム教では月はとても神聖なものとされている。

イスラムは遊牧の民から始まった宗教。

砂漠を旅する遊牧民にとっては、夜の闇を照らす月はとても大切なものだったのだろう。



キルギスでも、月はとても大切なものにされている。

特に月は美しさとつなげられることが多い。

キルギス語で月は「アイ」というが、女性の名前にとてもよく使われている。

アイヌーラ、アイスルー、アイペリム、アイザーダ、アルトゥンアイ、などなど数えられないほど。



夜の始まりとともに街を照らし始める月

月の出


オリオン座と月

月とオリオン


今日の写真は一眼じゃなくて、全部コンパクトデジカメ(CANON S100)の写真。
さすがに月はにじんでしまっているけど、最近のデジカメって夜景に強くてびっくりした。
これ全部手持ち撮影ってけっこうすごいでしょ?


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

キルギス雪景色

ちょっとご無沙汰しております。

取りあえず最近の風景を一枚。



キルギスはもうすっかり雪景色。

もうすぐ帰国なのでこういう風景も目に焼き付けておきたい。


キルギス雪景色


ちなみに週末はマイナス20°らしく、戦々恐々。


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

チョルポンアタの岩絵野外博物館

チョルポンアタから山の方へ車で少し入ったところに、岩絵野外博物館がある。

ここは、古代人が書いた岩絵が展示(放置?)されている。



古代にイシククル周辺に住んでいたといわれるサカ族のものだとも言われているが、詳しいことはよくわからない。


この描かれた岩絵はロシア語(キルギス語も共通)でペトログリフという。

キルギスのお土産ものなんかでも、この意匠が取り入れられているのでキルギスにいるとよく見かける絵。



チョルポンアタの岩絵野外博物館


キルギス 岩絵1

この野外博物館、入場料は無料(の時が多い)。
管理人がいると請求されるらしいが、私はまだ出会ったことがない。


運がいいと、自称ガイドの子供が案内してくれることもあるらしい。

キルギス 岩絵2

キルギス 岩絵4

はてしなく広い敷地内には古代人によって絵が描かれた岩が点在している。

なかなか、表示も不親切なので見つけるのも一苦労。

ペトログリフは900個以上あるといわれているが、せいぜい100個見つけられれば、なかなかだと思う。





チョルポンアタの方を振り返れば、眼下に広々としたイシククル湖が広がっているのがうれしい。

キルギス 岩絵3



・チョルポンアタの岩絵野外博物館の行き方

チョルポンアタからタクシーで15分程度。
300com~ で行って、待って、帰ってくれる。(金額は要交渉)

入場料 50som(誰もいないと無料)
時間 9:00~18:00(夜は管理人の気まぐれで早く閉まる可能性あり)


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

キルギスの初雪の季節

キルギスの10月。

地方では初雪の季節。

今年もイシククルやナリンなど少し首都から離れると、もう雪が積もり始めている。


ちなみに、比較的標高の低い(700mくらい)首都のビシュケクだと初雪は11月くらい。



今年は去年より冬が来るのが早くて、あっという間に寒くなりそうな気配。


ただ、雪の積もり始めは、キルギスの山がもっとも美しい季節。


キルギスの雪山



イシククルと雪山

イシククルと雪山



寒くて外に出るのがおっくうになりがちだけど、
カメラを持って外に出ないとなー


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


チャタルクル湖 ホーストレッキング

キルギスの秘境、チャタルクル湖にホーストレッキングで行ってきた。


チャタルクル湖は中国国境付近にある湖で、標高3530mに位置する高山湖。

面積は175平方mで、深さは16.8m。


湖の多いキルギスの中でも、この大きさで3500m以上に位置するのはチャタルクル湖だけ。


中国側から大きく迂回して、車でもいけないことはないが、国境付近の道を通るため外国人にはなかなか面倒な手続きが多くなる。

4000m級の山越えが必要になるが、タシュラバットから馬で行くのが観光客にはおすすめコース。




タシュラバットからよく調教された馬にのって、チャタルクル湖を目指す。

馬に乗って、片道5時間くらいのコース。

チャタルクル ホーストレッキング


3000mも後半になってくると、がれ場になる。

急なカールを馬でゆっくりと登る。

チャタルクル ホーストレッキング2


峠を越えて、やっと見えたチャタルクル湖。

この日は、あいにくの悪天候で、頂上付近からも湖が雨にかすんで見えにくい。

チャタルクル ホーストレッキング3



悪天候の中、やっとチャタルクル湖に到着。

雄大な草原の中に、静かな湖がたたずむ。


本当に見渡す限り何もなくて、世界の果てのような場所。

チャタルクル ホーストレッキング5


チャタルクル湖では、もちろんユルタ泊。

夏の間だけ、ここで遊牧しているお宅にお邪魔させてもらった。

茫漠とした草原と険しい山のほとりのユルタはたっている。

チャタルクル ホーストレッキング4




■ チャタルクル湖の行き方

ナリン市からチャーターした車で約2.5時間でタシュラバット到着。
タシュラバットから、馬で5時間程度。

(車や馬はナリンやビシュケクの旅行代理店で手配。)




記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。