スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス人女性と韓国人男性との結婚を禁止した背景は?

キルギス政府がキルギス人女性と韓国人男性の結婚を禁止するというんじゃないかという噂が飛び交っています。


Jcastニュースによると

2013年3月29日、タリエワ・カミラ副首相が韓国大使を呼び出し、
「韓国人男性との結婚が増える中で、我が国の女性が韓国で不幸な結婚生活を余儀なくされる、酷い場合には死に至るケースもあったと報告されている。このままでは韓国人との結婚禁止法案が議会で出かねない」


ということです。


まぁまさか特定の国民との結婚を禁止するなんていうぶっ飛んだ法律キルギスでも制定されないだろうけど(いや、そうとも言い切れないかな・・)
韓国人との結婚は確かに問題になるだろうなぁという感じは私もしていました。


ちなみにキルギス人の少女の写真を一枚。
田舎のお祭りの写真なんで、まだ若いしあまりあか抜けてはいないかもですが。

キルギス人女性



今どきのキルギス人女性の写真が見たい方はこっちもどうぞ。
→ キルギス人の若者ファッション




■ 韓国人との結婚

韓国人との結婚ですが、ニュースによると人買いにさらわれて無理やりっていうイメージを持つ方もいるかと思いますが、たぶんそんなことはないと思います。
おそらくインターネットを使って自発的に出会っている人が多いのではないかと思います。

最近のキルギスは、インターネットで知り合って結婚するというのが割と一般的になっています。紹介サイトがあって、そこで若者たちは出会います。

キルギスの女性は結婚の年齢は早く、大学卒業後にすぐに結婚しないと遅いという感じになってしまいます。在学中に結婚するというというのもよくある話です。また、キルギス人はあまり深く考えずに(国民性ですが)、かなり気軽に結婚してしまうので、1度や2度会ったくらいの相手とも結婚してしまうこともあります。

こういった結婚観から、インターネットでの出会いで結婚というのが割とキルギスで浸透しているのだと思います。



結婚式の写真はこちらをどうぞ
→ キルギスの結婚式



■ 実際に韓国人と結婚したキルギス人女性の話

私の近所に住んでいた女性で、韓国人と結婚した人がいるので、その人の話を少し。
(また聞きの話も多いので多少真偽が怪しい部分もあることをご了承ください)

彼女は22歳。大学を卒業後に、仕事がなくて実家に帰っていた。

インターネットで韓国人と出会う。
チャットを通じて、結婚を約束する。

韓国人が両親とともにキルギスに彼女に会いにくる。
彼女の両親にも挨拶して、結婚支度金を渡す。
その後すぐに結婚披露宴をキルギスで行う。

一か月後、花婿が単身で彼女を迎えに来て一緒に韓国に向かう。



■ 韓国人のキルギスでのイメージ

キルギス人と韓国人のつながりは深いです。第二次世界大戦後に多くの移民が朝鮮半島からキルギスにやってきました。彼らの二世、三世は今ではロシア語がぺらぺらでキルギスに馴染んで暮らしています。

また、最近でもキルギスで農業を行うために韓国人が村ごと引っ越して来たりと、韓国人の話はよく聞きます。

(と、思って統計データを調べてみましたが、韓国人が多いという数字は見つかりませんでした。うーん、でも韓国料理展とか割とあるし、多いと思うんだけどなぁ。)



韓国人のイメージですが、他のアジア諸国に対してと同じように、韓流ドラマとK-POPのおかげでかなり人気が高まっています。一昔前までは日本のイメージは高かったと思うのですが、今では若い女性の間ではかなり韓国の人気が高いです。

あれだけかっこいい人がドラマにたくさん出ていたら、キルギス人女性でなくても韓国人との結婚にあこがれるのもうなずけますね。
スポンサーサイト

写真展「~遠くて近い中央アジア~ キルギスの土地と人々」 続報

写真展「~遠くて近い中央アジア~ キルギスの土地と人々」 が5月25日から新宿エプサイトギャラリーで開催されます。

こちらのブログで紹介させて頂いた経緯もあり、
私も写真展内の企画(後で書きます)で、すこ~しだけお手伝いさせてもらうことになりました。


写真展


主催者の淺沼さんから、メッセージを頂きました。

キルギス写真日記の読者の方へ

写真展でキルギスを紹介させていただく機会を頂きました淺沼と申します。

私は2年間キルギスに住み、首都のビシュケクのアパートやキルギス人家族の家に住んでいました。
今回開催する写真展では、ビシュケクや近郊の村で撮影した写真を中心に紹介します。


いつか自分の見たキルギスで見た情景をどなたかと共有できればと思っていました。

もちろん、いい人もいれば嫌な人もいる、そんなどこにでもあるだけのことかもしれません。
ただ、キルギスで迷子の私に寝床を与えてくれた家族の優しや、その地で感じた思いなどをどなたかに伝えられたら。

町を歩き、ふといつも歩く景色の中に新たな発見があることはありませんか?

優しく、冷たく、そして、悲しくも楽しいどこにでもある光景が。

われわれから程近いキルギスと呼ばれる土地でも、
青くきれいに広がる空、山々の下に広がっていることを感じていただけたらと思っています。


淺沼さんメッセージありがとうございました。


ちなみに、私がお手伝いさせて頂くのは、

「キルギス人が撮った写真」コーナーです。

キルギスの方に、日本人に見せたい写真はありますか?とたずねて、
キルギス人がみたキルギスの写真をコメントを添えて展示します。

キルギス人の写真

私は、キルギスの方から写真を集めるお手伝いをさせて頂いています。

どんな視点の写真とコメントが集まるか楽しみです。

ちなみに、どさくさにまぎれて私の写真も少しだけ置いてもらえることになりました^^



ぜひ、写真展「~遠くて近い中央アジア~ キルギスの土地と人々」へお越しください!!


写真展「~遠くて近い中央アジア~ キルギスの土地と人々」情報

キルギスがテーマの写真展情報です。

場所は、新宿の三井ビルにあるエプソンイメージングギャラリーです。
お近くの方はぜひ!

ちなみに告知しといてなんですが、写真展は私とは何の関係もありません。。 
たまたま情報が回ってきて、日本でキルギスの写真展なんて珍しいなと思って、告知させて頂きました。

→ 私も少しだけお手伝いさせて頂くことになりました。



キルギス写真展


キルギスの彼は言う。「あなたたちはバイカル湖の東へと行き、私たちは西へと来た」居を探す私を迎えてくれた家で、また、彼らの親戚の村々を訪ねたときに、中央アジアの草原を馬が駆け抜けるように流れる季節の中、山々の下に広がる日常生活のひとコマを写した。(エプソンのサイトより抜粋)

http://www.epson.jp/epsite/event/gallery2/12/1211.htm


名称:淺沼一郎写真展「~遠くて近い中央アジア~ キルギスの土地と人々」
会場:エプソンイメージングギャラリーエプサイト
住所:東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル1階
開催日:2012年5月25日~2012年6月7日
時間:10時30分~18時(最終日は15時まで)
休館:日曜

第一回キルギス国際マラソン 2012年5月26日(土)

2012年5月26日に「第一回キルギス国際マラソン」が開催されます。

キャッチフレーズは「走ろう!友好の道~シルクロードを!」
外国から多くの走者を呼び、交流色豊かなイベントなるよう企画されています。

キルギスの歌や民族舞踊なども文化紹介なども行われるようです。


コースは、キルギスきっての観光地イシククル湖。

透明度20m!!といわれるこの湖は、その美しさから、夏場には多くの旅行者が訪れます。
シルクロードの要衝であるイシククルは歴史的にも多くの伝説があり、
西遊記で有名な三蔵法師もその旅路でイシククルに逗留しています。
また、湖の底には古代の巨大遺跡が沈んでいるといわれており、数々の神秘的な噂があります。


キルギスの5月は、初夏の温かい日差し、美しい花々、
イシククル湖を囲む天山山脈の雪間と透き通った湖のコントラストが楽しめます。




よろしければシェアお願いします




第一回キルギス国際マラソン


■ イベント内容 (公式サイトからの抜粋)
http://www.salam-kgz.jp/%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%B9%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B32012/

主  催:ジャポン・キルギス ビリムディギ(JKB)
共  催:キルギスオリンピック委員会、キルギス陸上連盟、キルギス旅行業協会、
     キルギス・日本友好議員連盟、
後  援:在日キルギス共和国大使館、在キルギス日本大使館、キルギスJICA事務所
協  力:株式会社 毎日エデュケ-ション(大会日本事務局)
期  日:2012年5月26日(土)
場  所:キルギス共和国・チョルポンアタ市 (標高1,608m)
種  目:フルマラソン、 10km、 5km
制限時間:6時間
登録期間:2012年2月24日(金)~4月10日(火)



よく見たら登録期間までにあまり時間がないですね^^;
日本からはツアーも出ますので、興味のある方は是非上記のサイトからお問い合わせください。


最後に、5月ってどんな風景だったかな?
と気になったので、去年の5月に撮ったのイシククルの写真を何枚か探してきました。


イシククルきってのリゾート地、チョルポン・アタの湖岸

イシククル湖桟橋

イシククル湖


の近くで、草を食むロバ

草を食むロバ


湖岸の並木道とくつろぐ人々

イシククル海水浴場




祝Googleページランク2

気付いたらブログのGoogleページランクが2になっていました。

GoogleページランクというのはGoogleが各サイトに付けている通知表のようなもので、
0から10の11段階で評価されているものです。

ここで調べられます。
→ http://pagerank.bookstudio.com/


ページランクが上がったからって何かいいことあるわけじゃないし、
(そもそもページランク2なんて特別高い評価ではないですが・・)
やっぱり、Googleから認められたってのはちょっとうれしいです!


これからも、皆さんに読んでもらえるような記事の更新がんばります!



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。