スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスの伝統的な織物「テルメ」の工房見学

キルギスの伝統的な織物のテルメ。

カラフルな色合いと、オイモと呼ばれるキルギス民芸特有の模様が特徴的。

地方の小さな村のテルメを作る工房を見学してきた。

キルギスの伝統的な織物テルメ


テルメは、遊牧民の伝統的な移動式住居のユルタを組み立てるのに使われる。
ユルタ内部のいろんなところに巻きつけるヒモとして使用される。


昔キルギス人がユルタに住んでいたころはみんな作れたが、
今ではこれを作ることができる人はかなり減ってきた。

村でもほんの一握りの人だけが作り続けていて、ときどき来る注文に対応している。

キルギスの伝統的な織物テルメ作製


テルメを編む機械は、「スタノック」というロシア語の機械という意味の一般名詞で呼ばれている。

非常に武骨で、昔ながらのおおざっぱなもの。

木の板や棒を組み合わせただけの織り機。


他の国によくあるような機械然とした織り機とはまったく異なる。

遊牧民の国だけあって、織り機もすぐに小さく折りたたんで持ち運べるように考えられているんだろう。


キルギスの伝統的な織物テルメ織る人


様々な色合いの毛糸が織り込まれて行ってテルメは作られる。


糸は刈り取られた羊の毛から紡がれる。
細い糸を何回も紡ぎ合わせて、太い糸にし、それを編み込む。

ユルタを支える重要な役目を担うので、とても丈夫で頑丈。

キルギスの伝統的な織物テルメアップ



キルギスの伝統的な織物で、見た目も特徴的なのでお土産として売れそうじゃないかと思うのだが、
ビシュケクのお土産屋やバザールの民芸品コーナーでも、ほとんど見かけることがない。

キルギス人にとってはあまりに日常的で身近なものすぎて、これがお土産になるとは考えにくいのかもしれない。


急速に近代的な工業製品が入ってきて、昔ながらのものがどんどん失われていくキルギスで、
「テルメ」のような伝統的な民芸品を残していくことは重要だと思うのだが。


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

アンティークショップ カラコル その2

アンティークショップ inカラコルの続き


今回のお目当ては小物。
ピンバッチなんかの小物が豊富で、お土産にいいかなと。

ほとんどが旧ソ連製。
古いもので、キルギスっぽいものはなかなかない。

アンティーク キルギス写真日記

だいたいどれも100円以下。


チェブラーシカの古い置物を発見!
ワニのおじさんと、チェブラーシカ。

アンティークチェブラーシカ キルギス写真日記

鑑識眼があれば値打ちあるものとか見つけられるんだろうなぁ。


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

アンティークショップ カラコル

アンティークショップ巡りは、キルギスの楽しみのひとつ。
掘り出し物を探していると時間が経つのを忘れる。
旧ソ連の国だけあって、ソ連、ロシア関係のアンティークが品ぞろえ豊富。
日本では考えられないような値段で手に入る。


カラコルのアンティークショップに行ってきた。

レーニンの肖像画なんかがでかでかと飾られている。

アンティークショップ キルギス写真日記


外観はこんなお店です。

アンティークショップ カラコル キルギス写真日記

場所は街の中心からトクトグーラ通りを南に2ブロックほど行ったところ。

商売っ気があまりなくてしばしば店が開いていませんが。
言葉がうまく通じなくても、親切に対応してくれるいいおじさんでした。


次回は私が見つけた掘り出し物?!を紹介します。



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

民芸品フェスティバルのファッションショー

民芸品フェスティバルで行われたファッションショーの様子。

シルクで洋服を作るデザイナーさんの作品。
色とりどりで美しい。

伝統的な手工芸と、現代的なファッションをミックスしたデザイナーさん。

ファッションショー大人 キルギス写真日記


子供のモデル

ファッションショー子供 キルギス写真日記


最後はモデルさんたちが花びらをまいてくれる。

ファッションショー最後 キルギス写真日記


写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

中央アジア民芸品フェスティバルの風景 その2

中央アジアの民芸品が集まるフェスティバル。


中央アジアでは各国が陸続きで距離も近いということもあって、民芸品の文化交流が盛ん。
民芸品展示会などがあると、各国の職人さん達が集まる。

シルクロードの時代から東西の文化交流を担ってきた歴史に、少し思いを馳せる。


スカーフに戯れる子供

中央アジアで、よく見る民芸品のスカーフ。
絹をベースにとフェルト素材で模様が付けられている。
色とりどりで美しい。

スカーフに戯れる少女 キルギス写真日記


革職人のおじさんたち

クマの革人形は賛否がわかれるかもだけど・・・
弓矢やムチなんかはさすが、遊牧民国といった出来栄え。

革製品もキルギスのお土産屋さんではどこでも見ることができる。

革職人のおじさん キルギス写真日記


お皿を販売するおじさん
恐らく焼き物の有名な、ウズベキスタンからはるばる来られたんだろう。


お皿のおじさん キルギス写真日記



写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。