スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回キルギス国際マラソン 2012年5月26日(土)

2012年5月26日に「第一回キルギス国際マラソン」が開催されます。

キャッチフレーズは「走ろう!友好の道~シルクロードを!」
外国から多くの走者を呼び、交流色豊かなイベントなるよう企画されています。

キルギスの歌や民族舞踊なども文化紹介なども行われるようです。


コースは、キルギスきっての観光地イシククル湖。

透明度20m!!といわれるこの湖は、その美しさから、夏場には多くの旅行者が訪れます。
シルクロードの要衝であるイシククルは歴史的にも多くの伝説があり、
西遊記で有名な三蔵法師もその旅路でイシククルに逗留しています。
また、湖の底には古代の巨大遺跡が沈んでいるといわれており、数々の神秘的な噂があります。


キルギスの5月は、初夏の温かい日差し、美しい花々、
イシククル湖を囲む天山山脈の雪間と透き通った湖のコントラストが楽しめます。




よろしければシェアお願いします




第一回キルギス国際マラソン


■ イベント内容 (公式サイトからの抜粋)
http://www.salam-kgz.jp/%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%B9%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B32012/

主  催:ジャポン・キルギス ビリムディギ(JKB)
共  催:キルギスオリンピック委員会、キルギス陸上連盟、キルギス旅行業協会、
     キルギス・日本友好議員連盟、
後  援:在日キルギス共和国大使館、在キルギス日本大使館、キルギスJICA事務所
協  力:株式会社 毎日エデュケ-ション(大会日本事務局)
期  日:2012年5月26日(土)
場  所:キルギス共和国・チョルポンアタ市 (標高1,608m)
種  目:フルマラソン、 10km、 5km
制限時間:6時間
登録期間:2012年2月24日(金)~4月10日(火)



よく見たら登録期間までにあまり時間がないですね^^;
日本からはツアーも出ますので、興味のある方は是非上記のサイトからお問い合わせください。


最後に、5月ってどんな風景だったかな?
と気になったので、去年の5月に撮ったのイシククルの写真を何枚か探してきました。


イシククルきってのリゾート地、チョルポン・アタの湖岸

イシククル湖桟橋

イシククル湖


の近くで、草を食むロバ

草を食むロバ


湖岸の並木道とくつろぐ人々

イシククル海水浴場




スポンサーサイト

ソンクル(ソンコル)湖の行き方 観光案内など

ソンクル(ソンコル)湖に関しての問い合わせをちょくちょく頂きましたので、
ここで、行き方や観光案内などの情報をまとめておきます。

恐らく、今年度版の「地球の歩き方」のコラムに紹介されいたからだと思いますが、
今、注目のスポットですね。

キルギスの地球の歩き方はこちら → 地球の歩き方 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々



ソンクル(ソンコル)湖は単純に絶景を見たい方にもオススメですが、
ありきたりな観光旅行じゃ味わえないような、
ふか~くキルギス人の遊牧生活を体験してみたい方には特にオススメです。


ソンクル(ソンコル)湖はこんなところ↓

険しい山々を超えた場所に突如開けた標高3000mの平地。
そこに悠々と広がる神秘の湖です。

広大な牧草地には、馬や羊、ラクダと一緒に遊牧民たちが暮らしています。

ソンクル湖ラクダとユルタ キルギス写真日記

ソンクル湖は遊牧民たちが牧草を求めて夏場だけ過ごす、天空の遊牧地です。
キルギス人たちが昔ながらの遊牧生活を営んでいます。

そこにお邪魔して遊牧民の生活を味わうことがソンクル湖の醍醐味です。



ソンクル(ソンコル)湖の他の写真はこちら↓

ソンクル湖と満天の星空 
ソンクル湖に沈む夕日 
ソンクル湖の風景



長くなるのでここで一息。
後半は、具体的行き方や料金などです。

続きを読む

イシククリ州の観光客数

イシククリ州の年間観光客数は
2009年 38万人
2010年 18万人
(10年は革命の影響で環境客が少ない)

約半分くらいがキルギス人で、半分くらいが外人だろう、と県庁の人の言。
外人は主にカザフスタン人、ロシア人。

日本だと同じくらいの人数集めてる観光地ってどこだろう。
って調べてみたら、30万人とかどこでもあっと言う間に来てしまうみたい。

広島の宮島水中花火大会が1日で30万人・・
川越の「小江戸蔵里」という施設の年間利用者が30万人・・
長浜市の年間宿泊者が30万人・・・
草津温泉は380万人くらい。
横浜市は4500万人超!

お、年間30万人の観光地見つけた!
瀬戸内海の「直島」
熊本県の「平山温泉」

うーん、人口の多い日本の観光地ってあんまりベンチマークとしては
参考にならないかもなぁ。

ちなみにモルジブは60万人くらい。(意外と少ないな)

カラコル


イシククリ州の州都。
人口7万5千人。
この地で客死した偉大な冒険家の名をとって、
旧ソ連時代は、ブルジェバリスクと呼ばれていた。

ネットとかでカラコルの歴史的な情報とか拾いたい場合は
ブルジェバリスクで検索した方がよい。
(というか、キルギスはネットの普及がかなり遅れているため、
キルギス語で検索してもほとんどろくな情報がヒットしない。)

標高約2000mに位置し、三方を山に囲まれた都市。
スキー場に囲まれているような気分になる。
碁盤の目状に区画整備されており、
道路も広く、キルギスの中では美しい街。

主要産業は観光。
4つの大学があり、そこに関わる雇用もある。
また、少ないながら店舗や銀行、携帯ショップなどのオフィスもあり、
会社勤めの人も多少はいる。
ただ、基本は他の田舎町と同様、牧畜、農業を中心とした自給自足の生活がメイン。

観光客にとっては、
夏場はトレッキング、登山の基地として、
冬場はスキー客の宿泊地となる。


バザールは町中に二か所。
中心部のバザールでは、
キルギスで取れる金を使った(とバザールの人が言っている)装飾品が豊富。

少しはずれの大きなバザールでは、
食料品から日用雑貨まで雑多な品ぞろえで、
カラコルの庶民たちでいつも込み合っている。

また、毎週日曜日には家畜のバザールも開かれ、
周囲の地域からたくさんの羊、牛、馬などが集められ、
その光景は壮観。

クズルスー

クズルスーは旧ソ連時代はパクロフカという名前で、当時からけっこう栄えていた街。
今でもパクロフカの方が通用度が高いみたい。

クズル=赤 スー=水
夏場になると川の水が赤くなることからその名がついたとのこと。

イシククル湖の南岸を走る街道沿いのに出来た街で、細長い。
カラコルから車で約30分の位置にある。

主要産業は乳製品。
昔は他にも産業があったみたいだけど、
今はまともな工場は牛乳工場が一見だけ。

まだ味わってないけど、ここの乳製品はけっこうおいしいらしい。


当時はロシア人の方が多く、
人口は 
ロシア人 1万
キルギス人 1000人程度だったとのこと。

今は人口1万6千人のうち
ほとんどがキルギス人。
ロシア人の人口は2~3割程度。

昔ロシア人が多かった名残か今でもロシア語の通用度は高い。

プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。