スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス人女性と韓国人男性との結婚を禁止した背景は?

キルギス政府がキルギス人女性と韓国人男性の結婚を禁止するというんじゃないかという噂が飛び交っています。


Jcastニュースによると

2013年3月29日、タリエワ・カミラ副首相が韓国大使を呼び出し、
「韓国人男性との結婚が増える中で、我が国の女性が韓国で不幸な結婚生活を余儀なくされる、酷い場合には死に至るケースもあったと報告されている。このままでは韓国人との結婚禁止法案が議会で出かねない」


ということです。


まぁまさか特定の国民との結婚を禁止するなんていうぶっ飛んだ法律キルギスでも制定されないだろうけど(いや、そうとも言い切れないかな・・)
韓国人との結婚は確かに問題になるだろうなぁという感じは私もしていました。


ちなみにキルギス人の少女の写真を一枚。
田舎のお祭りの写真なんで、まだ若いしあまりあか抜けてはいないかもですが。

キルギス人女性



今どきのキルギス人女性の写真が見たい方はこっちもどうぞ。
→ キルギス人の若者ファッション




■ 韓国人との結婚

韓国人との結婚ですが、ニュースによると人買いにさらわれて無理やりっていうイメージを持つ方もいるかと思いますが、たぶんそんなことはないと思います。
おそらくインターネットを使って自発的に出会っている人が多いのではないかと思います。

最近のキルギスは、インターネットで知り合って結婚するというのが割と一般的になっています。紹介サイトがあって、そこで若者たちは出会います。

キルギスの女性は結婚の年齢は早く、大学卒業後にすぐに結婚しないと遅いという感じになってしまいます。在学中に結婚するというというのもよくある話です。また、キルギス人はあまり深く考えずに(国民性ですが)、かなり気軽に結婚してしまうので、1度や2度会ったくらいの相手とも結婚してしまうこともあります。

こういった結婚観から、インターネットでの出会いで結婚というのが割とキルギスで浸透しているのだと思います。



結婚式の写真はこちらをどうぞ
→ キルギスの結婚式



■ 実際に韓国人と結婚したキルギス人女性の話

私の近所に住んでいた女性で、韓国人と結婚した人がいるので、その人の話を少し。
(また聞きの話も多いので多少真偽が怪しい部分もあることをご了承ください)

彼女は22歳。大学を卒業後に、仕事がなくて実家に帰っていた。

インターネットで韓国人と出会う。
チャットを通じて、結婚を約束する。

韓国人が両親とともにキルギスに彼女に会いにくる。
彼女の両親にも挨拶して、結婚支度金を渡す。
その後すぐに結婚披露宴をキルギスで行う。

一か月後、花婿が単身で彼女を迎えに来て一緒に韓国に向かう。



■ 韓国人のキルギスでのイメージ

キルギス人と韓国人のつながりは深いです。第二次世界大戦後に多くの移民が朝鮮半島からキルギスにやってきました。彼らの二世、三世は今ではロシア語がぺらぺらでキルギスに馴染んで暮らしています。

また、最近でもキルギスで農業を行うために韓国人が村ごと引っ越して来たりと、韓国人の話はよく聞きます。

(と、思って統計データを調べてみましたが、韓国人が多いという数字は見つかりませんでした。うーん、でも韓国料理展とか割とあるし、多いと思うんだけどなぁ。)



韓国人のイメージですが、他のアジア諸国に対してと同じように、韓流ドラマとK-POPのおかげでかなり人気が高まっています。一昔前までは日本のイメージは高かったと思うのですが、今では若い女性の間ではかなり韓国の人気が高いです。

あれだけかっこいい人がドラマにたくさん出ていたら、キルギス人女性でなくても韓国人との結婚にあこがれるのもうなずけますね。
スポンサーサイト

キルギス人と日本人の兄弟説

キルギス人と日本人は兄弟?!


キルギス人は、信じられないくらい親日的だ。
日本人だとわかると、キルギス人(特に中年以上)の方はても喜び、
質問攻めにあってしまうことが多い。
日本人というだけで、こんなに相手に好感触を持ってもらえる国は他にないだろう。

そして彼らは口をそろえて、「キルギス人と日本人は兄弟だ」という。


いろいろ調べてみたけれど、キルギス人ー日本人兄弟説の明確な出所はよくわからない。
恐らく、いろんな要素から親日感情が高まって、この説が自然と出てきたのだろう。

なぜ日本人がこれほどキルギス人に好かれる様になったかを考えた場合に、
以下の5つの理由が考えられる。


キルギス人の盆踊り
ビシュケクの日本文化交流イベントで盆踊りを踊る「キルギス人」の少女たち



1、顔が似ていること

まず最初に挙げられるのが、見た目が非常に近いということ。
中国人や韓国人よりも、日本人の方がキルギス人に顔が似ている。
(と、キルギス人からは見えるらしい。)

まぁ日本人からするとキルギス、中国、韓国、日本なんてどれもそんな違いがないように見えるけど・・・
キルギス人から言わせると目の形なんかが、キルギス人と日本人が一番似ているとのこと。

あと、よく言われるのが、蒙古斑。
赤ちゃんの時にお尻に青いアザが出来るのもキルギス人と日本人の特徴らしい。


確かに街を歩いていても、しゃべらなければ外国人と気付かれることも少ないないし、
キルギス人を見ていると、日本の〇〇さんに似ている!なんて人にざらに出会うことができる。



2、周辺国との関係がよくないため、遠い日本に親近感を持った

陸続きで国境を接している国々の常だが、
隣国のウズベキスタンや中国などと多くの問題をかかえている。
当然、彼らに対する国民感情はあまりよくない。
その結果、直接的に利害関係のない遠い日本に親近感を抱くようになったのだろう。

また、歴史的に見て大きいのは日露戦争の影響。
1900年初頭、アジアのほんの小さな国でしかなかった日本は、
超大国ロシアと堂々と正面から戦い、世界中の予測を大きく裏切って大勝利を手にした。

この番狂わせの勝利は、当時のヨーロッパから中央アジアに至るまで、アンチロシアの国々から大絶賛を受けることになる。
トルコやフィンランドなど、この時の印象のおかかげで今でも日本に親近感を持ってくれる国も多い。
当然、ロシアと軋轢のあったキルギスでも、このニュースが人々に与えた影響は大きかっただろう。


3、日本人抑留者の功績

第二次世界大戦終了後、多くの抑留者がソ連からキルギスに連れて来られた。
彼らは主に土木作業や建築に従事した。
彼らの働きぶりや誠実な人柄がキルギス人に感銘を与えたという。

例えば、イシククルにあるタムガの保養所建築のため、日本人抑留者が働かされていた。

日本人の仕事ぶりはとても丁寧で、しかもよく働いた。
キルギス人たちもそんな日本人に対して親切に接し、
シベリアに抑留された日本人には多くの犠牲者が出たが、ここではなんと全員が生還したという。

またこの時タムガで作られたサナトリウムの建物のうち、
他のものが壊れても、日本人が作ったものだけはその後ずっと壊れなかったとそうだ。
この様な日本人の勤勉さや誠実さが、キルギスにおける日本人観の原型を作ったと言える。


4、日本の開発援助、ODA

独立後のキルギスの発展に日本が与えた功績は大きい。
特に独立から2000年代までは日本の援助額は飛びぬけて多く、
今でも国内を移動していると、日本の援助で作られたという橋や道路などのインフラ設備によく出会う。

またニュースの少ないキルギスでは外国からの援助関係の話は、番組作りの貴重なネタになる。
海外の機関が何かを行うと、ことごとくニュースとして報道してもらうことができる。
日本関係の事柄がこれほどメディアに露出する国もないだろう。
今でも頻繁に、日本が関係するニュースを見ることができる。


5、二人の親日的なキーパーソン

独立後のキルギスにもっとも大きな影響を与えた二人が実は親日だった。

一人目がキルギス共和国初代大統領のアカエフ。

90年から2005年までの15年もの間大統領を務めたアカエフは日本好きであった。
大統領顧問を務めた日銀の田中氏の影響も大きい。
(興味のある方は中公新書「キルギス大統領顧問日記」を読んでみてください。)
彼の任期中に日本人はビザなしでキルギスに行けるようになった。
政策的にも、戦後の日本の経済発展を見習いたいという趣旨の話を何度も公言している。


二人目がキルギス最高の小説家のチンギス・アイトマートフ。

思想家、政治活動家でもある彼はキルギスで最も人気の高い人物。
日本ではあまり知られていないが、彼は日本に対して大きな興味を持っていて、度々来日している。
彼の2番目の妻は、キルギス人だが、彼の日本訪問中に出会ったという逸話もある。
(アイトマートフに関してはこちらでも少し書いています。 →キルギス関連の本一覧

独立キルギスの政治的、思想的に最も影響力の強いキーパーソン2人が日本好きだったとこはキルギス人の親日姿勢を強める意味で影響が大きかった。



娯楽が少なく、冬はこもりがちなキルギス人にとって、テレビが人々の意識に与える影響は大きい。
上記の5点が繰り返しいろいろな形でテレビで放映されることによって、
親日感情が高まり、「キルギス人と日本人の兄弟説」が形作られたのだろう。



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

キルギス人の宗教と文化について

キルギス人の宗教と文化について


 キルギスは一般的にはイスラム教国家だと言われている。国民の75%はイスラム教徒だという統計もある。事実、政治においても、祝祭日においてもイスラム色の強い行事は多い。イスラムの新年であるノールズは、キルギスの最も大きな祭りのひとつである。かなり地方の村でも、中心部にはモスクが建てられているのを目にすることができる。ただし、これらの事実から、キルギスに対する理解をイスラム教という切り口だけで行おうとすることは過ちである。

 まず、彼らのほとんどがイスラムの教義に厳密ではない。飲酒をしないキルギス人は少数だし、モスク以外で定時のお祈りをしている人を見かけることはほぼない。女性の地位も高く、服装はおおらかで、露出度は日本よりも高いと言える。(ただ、地方部では既婚女性が頭にスカーフを巻く習慣は残っている。)歴史的に見ても、キルギスにイスラム教が訪れてからそれほど長い時間は経過していないし、ソ連時代の70年間は宗教が禁止されていた。そのこともあって、現在キルギスでイスラム教を強く信仰しているのは、若い世代の方が多い。

 キルギスの文化の中にはイスラム的なものよりもむしろ、遊牧民族的なものやアニミズム的な古代信仰の要素が強い。遊牧民的なものだと、羊やナンやチャイを神聖なものと考える部分や、葬式や祭りなどの大切な行事には(遊牧民の家である)ユルタを使用する風習がある。土着のものだと、樹木の葉のお香でお祓いをするなどの呪術的なものへの信仰や、自然崇拝といった要素も存在する。

 また、20世紀のほとんどにわたって文化的にも社会的にも強い影響を与えていたのがロシアだ。特に社会システムに関しては、ロシアの影響が強い。女性の社会進出が進んでいて、地位がそれほど低くないのも、ソ連時代の名残と言える。キルギス人の人生にとって最も重要なイベントが“トイ”(キルギス式パーティ)であるが、その方式も一人ずつ祝辞を述べながらウォッカを飲むというロシア式で行われる。

 様々な文化に影響を受けてきたキルギス文化だが、キルギス人自身もどれがイスラム的な要素で、どれがキルギス古来の要素なのかは切り分けることをせず、混同してしまっている。ちょうど日本が、土着の神道と外来の仏教を混ぜこぜにしたことと似ている。ただ、日本の様に長い歴史に晒されていないため、それぞれの要素が芯を残しながら時には矛盾や対立を孕みながら併存している。キルギスの文化を理解する上では、イスラム教国だからといった捉え方をするのではなく、イスラム的な要素、遊牧民的な土着の要素、ロシアから受けた影響の3つをバランスよく考えることが重要である。



祈り キルギス写真日記



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

キルギス人とお酒

キルギス人とお酒


キルギスはイスラム教の国。
ただ、そこまで強くイスラムの教義に従っているわけじゃない。

自分立では「ムスリムだ!」と行っているが、
はたから見てると、どの辺が?と思うことも多い。

どちらかというと遊牧民族の伝統の方が色濃く残っている。


キルギス人とお酒

キルギス人は無類の酒好き。

店に行くと一番場所を取っているのが酒コーナー。
これはどこの店に行っても、だいたいメインの売り場になっている


飲むのは、なんといってもウォッカ!
キルギス語でウォッカのことを「アラック」という。

アルコール飲料=ウォッカと呼んでしまうくらい
この国の人たちはウォッカです。


キルギス人とお酒 キルギス写真日記

注:さすがに子供はお酒を飲みません。


パーティのごちそう。

こんなご飯を食べながら、みんなでお酒を飲む。

キルギスの料理 キルギス写真日記


写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

Clean Water Project その2

Clean Water Project で実際に働いている人に会うことができた。

イシククリ州では各県に約一人ずつ担当者がいて、
調整役として動いている。
オフィスはなく、個人コーディネーターという感じ。

プロジェクトのドナーは世銀。
担当省庁は農業省。
農業省の中に水供給局がある。
その中の一つのプロジェクトという扱い。

ジェティオグス県では、すでに2つの村でのインフラ整備が終了している。
これからさらに数か所の村で、設備の工事を計画している。

資金的に厳しいため、小さい村を中心に水の供給設備を整えていく計画。
大都市は資金がショートしてしまうため、今回は対象外とのこと。

プロジェクトは具体的な実施内容は、
数戸に一か所の水場を用意すること。
そのために給水施設やパイプなどの工事を行う。


ドナーの世銀は実際的な現場には口を挟んでいない様子。
お金だけ出して、行政にやらせるやり方はなかなかおもしろい。
その方が実施に際して、キルギスの行政府のスキルが身に付くだろうし。

ただ、キルギスの悪いところだが、
正規雇用の官僚ではなく、プロジェクトごとに雇われた人に仕事を任せてしまっている。
こういうことしてると組織にノウハウ残らないんだけどなー




プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。