スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスの教育制度と問題点 その1

キルギスの教育制度と問題点について

教育の問題点を考える前に、まず今回の「その1」では、教育制度の概要についてまとめておく。

問題点に関してはこちらからどうぞ↓
キルギスの教育制度と問題点 その2



・教育制度の概要

制度は、ほぼソ連時代に作られてもので、そのシステムそのまま使われている。

基本的な流れは11年間シュコーラ(小中高)に通った後、大学に5年間通うパターン。


■ 初等、中等教育(7~17歳)

・シュコーラ

日本の小、中、高校に当たる学校。

日本のように教育機関が小中高校と別れてはおらず、
ひとつのシュコーラの校舎で1年生~11年生までが学んでいる。

制度的には、9年間が義務教育で、その後は進学するか選択制だが、
授業料が安いこともあって、9年生でやめる生徒はほぼいない。


・シュコーラの使用言語

ロシア語クラス、キルギス語クラスの2つのコースが存在する。

これは、言語の時間にどちらの語学を行うかではなく、
普段のメイン言語がどちらになるかということ。

ロシア語クラスだとすべての授業がロシア語で行われる。

一つの学校の中で、2コース分かれている場合もあるし、
学校自体で、キルギス語学校/ロシア語学校となっている場合もある。

ビシュケクだとロシア語クラスの割合がほとんど。
地方部だと、地域によってキルギス語/ロシア語クラスの比率が変わる。


・時間割り

学校は一般的に午前中クラス、午後クラスに分かれている。

午前中クラスは8時~12時まで、午後クラスは1時~5時まで学習する。
1時限は45分で休み時間は5分なので、毎日5時限勉強している。

一クラスの人数は20人~30人程度。


・長い夏休み

キルギスのシュコーラは4学期制。

1学期 9月1日~11月1日
2学期 11月10日~12月28日
3学期 1月12日~3月23日
4学期 4月1日~5月25日

上記の日程を見てもらえばわかるように、
4学期と1学期の間になんと3か月もの休みがある。

ソ連の優しい施策をそのまま引きついだ長期休暇。
さらに夏休み中、宿題はいっさいない。


・リセイ 
 
学生寮付きの中高にあたるもので、シュコーラで成績のいい子供が進学する。
学費は高く、お金持ちで成績優秀な子供が進学する。
シュコーラの4年生や6年生から、リセイに進学する。(各リセイによって異なる)

大都会にしかなく、各州の主要都市にある。
(例えばイシククル州だとカラコルに3つ、チョルポンアタに1つ、クズルスーにも昔あったが今は無くなった。)


■ 高等教育(17歳~ )


高等教育の種類は何種類かある。
・大学(ウニベルシテット) 5年
・技術学校(テクニカ)2年
・学科大学(カレッジ) 2年 

大学への進学率が非常に高く、日本と同様かそれ以上。
(ちなみに日本は大学進学率50%程度)

周りの人に聞いたところ、60%以上とのこと。(詳しいデータは確認中)

大学の学費は安く、年間数千ソム程度。



・大学の所在地

現在キルギスの大学は全部で52校。
その、ほとんどがビシュケクと各州の州政府所在地にある。

地方からの学生は、一部は学生寮に住むが、
ほとんどが親戚の家に下宿している。



つづきの記事はこちら
キルギスの教育制度と問題点 その2
関連記事
スポンサーサイト

ボズサルクン

同名のキルギス映画でも有名な高原地帯 ボズサルクンにて


SHUのブログ-ボズサルクン牧草地


ボズサルクンから少し歩いた場所にあるパノラマと呼ばれる場所より

遠くに小さく見えるのがバコンバエバ村、右上がイシククル湖



SHUのブログ-ボズサルクンパノラマ




写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

ロバ馬車が走る

キルギスの田舎ではまだまだ馬車が活躍!

荷物載ってないときは気軽にヒッチハイクして載せてもらえます!

ちなみにこいつは馬じゃなくてロバです。

子供には馬は早いってことで、ロバしか使わしてもらえないのかなぁ。



キルギス写真日記-驢馬馬車





写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。