スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その4

そろそろゴールに近づいてきた登山。

前記事はこちら↓
天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その1
天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その2
天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その3


ちょっとづつ緑も多くなってきた。

雨上がりの岩山

登山カラコル谷 キルギス



やっと到着した! 今日のキャンプ地。
一泊して、明日はゆっくり川沿いにカラコル谷を下ろう。

カラコル谷の風景

カラコル谷風景 キルギス

カラコル谷を途中まで歩いて、
なんとかジープが入れるところで迎えに来てもらう。

ごつい軍用みたいなトラック

ジープ キルギス


お疲れ様でした。ありがとう。
青空と草花

カラコル谷 青空



写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その3

登山のつづき

前記事はこちら↓
天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷
天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その2


峠を越えると、雪がやんだ!
ちょっと先の方が真っ白のなのは見ないことにします。。

ここからはひたすら下るだけ。

登山峠越えた キルギス

イッキに500mくらい下って、
歩いているとだんだん天気もよくなってっきた。
久しぶりに見る青い空!

青空と雲の下に虹

登山と虹 キルギス


虹のアップ

登山と虹アップ キルギス


さあ、もう少しでカラコル谷


写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷 その2

天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷の続きです。

2日目。 

雄大な山々を縫って歩く

この日は標高3000mのキャンプ地から4000m付近まで登り、
イッキに2500㎜付近のカラコル谷まで降りる予定。

って今書いてみて、標高差だけ見ると恐ろしい数字・・・
ただ、キルギスの場合眺めがひたすらいいのと、
ルートも変化に富んでるので、意外といけてしまう。

登山 キルギス


標高3500mを越えると徐々に雪山になってくる。

キルギスだと夏の終わりが早いため、8月末だと高山は雪が降り始める。
ここでの、一番温かいベストシーズンは7月末。

ガスと雪が降りしきる悪天候
写真もあまり撮れない。。

雪山 キルギス

ガスで視界のなくなっている、あの頂きまで行こうかと思っていたが、
今回は悪天候とあまりの視界の悪さに断念。

山頂 キルギス

つづく


写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

書評 『検証 キルギス政変 ―天山小国の挑戦―』浜野道博 著




キルギス関連の書籍が新しく発売された。

2010年4月の政変について書かれた書籍。
この政変について、日本語で書かれたまとまった分析では初のものだろう。

昨年の政変は、キルギスにとって衝撃的な事件だった。
最も衝突の激しかったビシュケクでは、90余名もの犠牲者を出した。
また、被害者が数千ともいわれるその後の南部の民族衝突の引き金にもなった。

旧ソ連時代から残る様々なこの国のひずみや問題が表面化したものなのか、
または急速な都市化や経済成長に不可欠な脱皮として捉えるべきなのか。

本書では、この革命(本書では政変と呼ばれているが)について克明に描写されている。


著者はキルギス日本センターの所長をされていた浜野道博氏。
ロシア語、キルギス語に堪能な著者は日本におけるキルギスの第一人者と言ってよい。
さらに、06年~09年までのちょうど2つの政変の間の時期に日本センター所長として、
キルギスのトップ層と交流されていたであろう著者の分析は興味深い。




● 株式会社東洋書店のHPより
・1991年のソ連崩壊後、独立国となったキルギスはわれわれ日本人とそっくりな顔をした人々の暮らす中央アジアの小国である。この国では独立後二回の政変が起こり、二人の大統領が追放された。
・本書はこの国の来歴を紹介するとともに2010年4月に起こった政変をまず解説する。それとともにいまだ残る米ロ両陣営対立の狭間で民族問題、アフガンからの麻薬流入、農村の疲弊などの問題を抱えた小国キルギスがいかに生き延びてゆけるのか、という現在進行形の問題に光を当てた一冊である。



関連記事

天山山脈登山 ジェティオグズ-カラコル谷

8月末に天山山脈のテルスケイ・アラトーに登ってきた。

カラコル近郊の登山ルートとしては割とメジャーなルート。
ジェティオグズからカラコル谷に抜けるルート。

行程は2泊3日


目の前に見えるのが今回の最高地点3800mの山

沼に映る山 キルギス

壮大な山々を縫って歩く

ここには、各国から登山客が訪れる。
とは言っても、この壮大さにしては圧倒的に少なく、
何時間も誰ともすれ違わないこともある。
今回の行程では、ポーランド人とロシア人とイスラエル人と日本人のグループに出会った。

壮大な山 キルギス

今日のキャンプ地は川のほとり

キャンプ地と山 キルギス


写真がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。