スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスの春の草原の風景

キルギスの春の草原。

もう少しでここも緑の絨毯になって、家畜たちの楽園になるかな。

キルギスの草原

春は家畜たちは村に近いところにいる。

あたたかくなるにつれて、標高の高い山に移動していく。

キルギスの遊牧は高度移動型の牧畜。



キルギスの草原Ⅱ

後ろに見える雪の残っている山々は標高3000-4000mくらいの割と低い山。

5月になれば雪も解けて、白から茶色、緑と少しずつ色が変わって行くだろう。


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

キルギスの春 桜咲く

キルギスにもついに春が来た。

桜咲く最高の季節!


キルギスの桜



在キルギスの日本人の知り合いに、
「もうすぐ桜が咲きますねー」 という話をしていたら、

「何言ってんの? キルギスに桜なんてないよ! アンズだよ、アンズ!」

という痛烈な反応が・・・



えーと、読者のみなさんは写真を見て桜とアンズの違いがわかるでしょうか??

日本人たるもの普通はそれくらいわかるもんなんですかね。。

キルギスの桜2


まぁ桜が咲いていると思って見ていた方が幸せなわけで・・・


とは言え、ちょっと悔しかったんで調べて見た。

  ・サクラ:バラ科サクラ属サクラ亜属
  ・アンズ:バラ科サクラ属の落葉小高木

ということで、ほとんど近しい親戚なのだ!

そして、Wikipediaに「アンズでもお花見してもいい」 と書いてあった!

(だからって桜と間違える言い訳にならない!?)


キルギスの桜3



アンズは、英語名でアプリコット。 オレンジ色の豊かな実を付ける。

キルギス南部のフェルガナ盆地が原産地とも言われており、キルギスの名産のひとつ。

夏になると、キルギスの街はそこかしこの木からこぼれ落ちたオレンジ色の果実であふれかえる。



夏になると、こんなのがタダで食べ放題↓↓

アプリコットの実

食べておいしく、見て美しい、アンズはなかなか優れたお花なのです。



えーと、だいぶ脱線しましたが、キルギスにも「桜」が咲いたというお話でした。



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

キルギスの首都の夜景と星空

キルギスの首都の夜景と星空。

ビシュケク一番の劇場、フィラルモニアの夜景。

星は約20分間の軌跡。
地球はけっこうなスピードで回っている。


ビシュケクの夜景と星空


今年の夏は本格的に星空撮影をしてみようと思っています。
温かくなってきて、長時間外に出ていても凍えなくなったので練習開始。

今回の写真はちょっと失敗点が多いですが、次回以降にご期待ください^^;


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

キルギスのおばあちゃんと孫

ちょっと用事があってお邪魔したお宅にいらしたおばあちゃんとお孫さん。

おばあちゃんは御年84歳。
キルギスではかなり長寿の方。

おばあちゃんと孫 キルギス写真日記


キルギスは家族の概念が日本とは違う。


親戚はみんな兄弟という雰囲気があって、
例えば、キルギス語で兄弟を表す単語は「トゥーガン」という言葉なんかは、
ほとんど「親戚」というニュアンスでとらえるのが正しい。


そして、孫がおばあちゃんのことを呼ぶときも、「おばあちゃん」=「チョン アパ」ではなくて、
「母親」という意味の「アパ」と呼んだりする。

厳密な血縁関係や順序よりも、家族の中での位置づけで呼び方が決まるようだ。

昔から、いろんな親戚縁者がごちゃまぜでユルタの中で暮らしてきた影響だろうか。


おばあちゃんと孫2 キルギス写真日記


小さいころから、いろんな親戚に囲まれて育つからだろう。

キルギスの子供たちは、ほとんど人見知りをしない。



記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

キルギスの伝統的な織物「テルメ」の工房見学

キルギスの伝統的な織物のテルメ。

カラフルな色合いと、オイモと呼ばれるキルギス民芸特有の模様が特徴的。

地方の小さな村のテルメを作る工房を見学してきた。

キルギスの伝統的な織物テルメ


テルメは、遊牧民の伝統的な移動式住居のユルタを組み立てるのに使われる。
ユルタ内部のいろんなところに巻きつけるヒモとして使用される。


昔キルギス人がユルタに住んでいたころはみんな作れたが、
今ではこれを作ることができる人はかなり減ってきた。

村でもほんの一握りの人だけが作り続けていて、ときどき来る注文に対応している。

キルギスの伝統的な織物テルメ作製


テルメを編む機械は、「スタノック」というロシア語の機械という意味の一般名詞で呼ばれている。

非常に武骨で、昔ながらのおおざっぱなもの。

木の板や棒を組み合わせただけの織り機。


他の国によくあるような機械然とした織り機とはまったく異なる。

遊牧民の国だけあって、織り機もすぐに小さく折りたたんで持ち運べるように考えられているんだろう。


キルギスの伝統的な織物テルメ織る人


様々な色合いの毛糸が織り込まれて行ってテルメは作られる。


糸は刈り取られた羊の毛から紡がれる。
細い糸を何回も紡ぎ合わせて、太い糸にし、それを編み込む。

ユルタを支える重要な役目を担うので、とても丈夫で頑丈。

キルギスの伝統的な織物テルメアップ



キルギスの伝統的な織物で、見た目も特徴的なのでお土産として売れそうじゃないかと思うのだが、
ビシュケクのお土産屋やバザールの民芸品コーナーでも、ほとんど見かけることがない。

キルギス人にとってはあまりに日常的で身近なものすぎて、これがお土産になるとは考えにくいのかもしれない。


急速に近代的な工業製品が入ってきて、昔ながらのものがどんどん失われていくキルギスで、
「テルメ」のような伝統的な民芸品を残していくことは重要だと思うのだが。


記事がお気に召したら応援クリックください↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。