スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くに」という言葉

キルギス語で「くに」というものを表すとき
オルコとマミレケットという2つの言葉がある。

英語に翻訳すると
・オルコ country
・マミレケット state
というニュアンスらしい。

例文を聞いたところ
「キルギス共和国はキルギス人の『マミレケット』です。」
「キルギスは山の多い『オルコ』です。」

日本語では両方とも「くに」という単語が使われる。
抽象的な概念を表す語彙がかなり少ないキルギス語で、
日本語より細分化された言葉があるのは意外だった。
(キルギス語は単語の多くをロシア語で賄っている。)


日本では長い歴史の中で、
日本人が住むところ=日本の国土=日本国が統治している場所
という図式がほぼ成り立ってきたため、countryとstateを区別することなく話すことができる。

一方で、キルギス民族は
自分たち自身の「くに」を持つことができたのは1991年以降のこと。
それ以前は大国に支配され、翻弄され続けてきた歴史をもつ。

それゆえに、場所を表すオルコと、
統治システムとしての国を表すマミレケットっという
言葉が生まれたんじゃないだろうか。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。