スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス人とイスラム教

キルギス人はイスラム教徒。

ただ、彼らはそこまで敬虔なイスラム教徒ではない。

・敬虔じゃないところ

まず、お酒が大好き!
ウォッカをがんがん飲む。
だいたいどこもお店に行っても、一番品ぞろえの多い商品は
ウォッカとビール!
オレンジジュースおいてないのに、なんでウォッカが10種類もあるんだよ・・・
って感じ。

次に、モスクが少ない。
人口1万人くらいの村でもモスクがひとつしかないところなんてざら。
みんな毎週金曜日通ってたら足りるわけないよね・・

そして、ラマダン。
まじめにやっている人がほとんどいない。
街の様子は普段と何も変わらないし、ほんとに今ラマダンなの!?
という感じ。

もちろん一部には敬虔なイスラム教徒はいます。
つばのないキャップの様な帽子をかぶっている人や、
白いベールのようなものをまとっている方がそうです。

ただ、全体の中の比率は10%以下もいないんじゃないかなぁ。
イメージとしては日本と似ている。
日本で敬虔に宗教を信じている人にめったに出会わないように、
キルギスでも同じくらいの比率で出会わない。



・キルギス人がイスラム教徒なところ

豚肉を食べない。
これは宗教上の理由っていうよりも習慣的な意味合いが強そう。
臭いから食べないとかってよく言ってる。

テレビ番組でコーランを読んでいる番組がある。

オーミンをする。 (他のイスラム国ではアーミンという)
ご飯食べるとき、食べ終わったとき、何かイベントあったとき、お墓の前を通りかかったとき、
キルギス人はオーミンと言って両手で顔の前をこする動作をする。



私の周りの若い人では、
改宗してしまった人もけっこういる。
イスラム教からキリスト教に改宗することはあまり抵抗がないみたい。

「両親に反対されたでしょ?」
と尋ねても、
「うーん、あんまり言われなかったかな。ばぁちゃんはちょっと小言を言ってたけど。」
というようなレベル。



じゃあ異教徒との結婚はOKなのかと思って訪ねてみると、
女性が非イスラム教徒と結婚することはNGとのこと。
男性が結婚するのは改宗してもらえばOKとのこと。

この辺もいろいろ抜け穴あるみたいで、どうとでもなりそうな様子。


まぁそんなゆる~い国。
なかなか外国人には住みやすくて助かります。



コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

SHU

Author:SHU
シルクロードの遊牧民国キルギスで暮らしています。 美しく素朴なこの国の息づかいが聞こえるような写真を撮りたいと思っています!
ご意見ご感想などお気軽にコメントください。

~~~
2011~13年にキルギスに滞在していました。今はほとんど更新していませんが、当時のキルギスの様子が伝わればと思います。


・リンクはフリーですのでご自由に。
・相互リンクは随時募集しています。
・当サイトの写真をご使用になりたい方はご連絡ください。

記事ランキング
ブログパーツ
ブログランキング
一日一回のクリック
ありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ 人気ブログランキングへ

ブックマークはこちらから


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
☆相互リンク募集中☆ お気軽にメールフォームから連絡ください♪
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。